医療技術はあなどれない|放射線治療が効果的

先生

がんの免疫細胞治療の概要

看護師

人間の身体には自己免疫力が備わっており、自己免疫力の働きでがんなどの病気になるのを防いでいます。加齢による体力の低下やストレスが蓄積すると自己免疫力が弱まり、がんなどの病気を発症するリスクが高まります。免疫細胞治療は自分自身の免疫細胞を使用するがん治療であり、副作用が少ないというメリットが得られます。抗がん剤や放射線を使ったがん治療は重い副作用がありますが、免疫細胞治療は副作用が非常に少ないので患者さんにとってはメリットがあります。がんの免疫細胞治療は、外科手術でがん治療を行った時の転移や再発を防ぐことができ、がんの完治に大きく貢献します。がんの免疫細胞治療は高度医療に該当するため、現在のところは保険診療の適用外で、全額自己負担の自由診療になります。

免疫細胞治療のメリットは副作用が少ないことと、がんの転移や再発を防げることです。免疫細胞治療は外科手術によるがん治療と併用することが可能で、外科手術で悪性腫瘍を摘出後の転移を防ぐことに貢献します。抗がん剤治療や放射線治療は進行性がんの治療に効果的ですが、髪が抜けたり強烈な吐き気などの重い副作用があります。免疫細胞治療は抗がん剤や放射線のような重い副作用はなく、がん患者の肉体的な負担を大きく軽減します。免疫細胞治療は、抗がん剤治療や放射線治療とも併用することができ、化学療法の効果を増大させることに役立ちます。免疫細胞治療は白血病などの血液のがんを除く全てのがんの治療が可能で、ステージがどの段階であっても治療を受けることができます。