医療技術はあなどれない|放射線治療が効果的

車椅子

現在注目のがん治療

女の人

免疫細胞療法は体に負担がなく、副作用もないことで注目されています。まだ、新しい治療法ですので実施している医療機関は少ないのですが、それでも、ほぼ日本全国に実施している医療機関はあります。また、まだ保険適用外のため、治療費は全額自己負担となりますが、医療費控除を受ければ、その負担は軽減されます。

もっと読む

がんの免疫細胞治療の概要

看護師

がんの免疫細胞治療は、自分自身の免疫細胞を増殖させて行う最先端のがん治療です。免疫細胞治療は副作用が発生しずらく、がんの転移や再発を防ぐことが可能です。免疫細胞治療は外科手術や抗がん剤治療、放射線治療と併用すると大きな効果を発揮します。

もっと読む

最先端の癌治療方法

女性

技術と位置関係が左右

放射線治療は三大がん治療の一つです。がんの治療は外科手術による治療、薬による抗がん剤治療、そして放射線治療があります。これらの治療は単独で行われることも、組み合わせて行われることもあります。放射線治療はがん細胞に放射線を照射してがん細胞を死滅させることが目的です。細胞に放射線を照射すると細胞の繁殖活動が停止し、死滅します。この特徴を利用した治療法になります。しかし正常細胞にも同じ効果を与えるため、できる限りがん細胞だけに照射することが大事なのです。がん細胞は正常な細胞と密接に結びついて活動しているため簡単に放射線治療を行うことはできません。放射線技師の技術とがん細胞の位置関係が治療の成功のカギを握っているのです。

正常細胞へのダメージ

体の内部にがん細胞がある場合、表面から照射してもがん細胞に有効に作用する可能性が低くなります。そのため外科手術で回復した際に放射線を照射することもあります。より効果的に照射することが有効だからです。また一回で治療を行うことは少なく、照射量を小さくして数回に分けて治療することが多くなっています。この方が正常細胞へのダメージを与えにくくなるからです。しかし正常細胞へのダメージを完全に避けることはできません。正常細胞の死滅など副作用が発生することは避けられないのです。放射線治療はがん予防にも利用されます。転移がんが発生する箇所は限られています。そのため転移する可能性のある所に事前に放射線を照射する治療法もあるのです。

あなたの肝臓は健康ですか

医者

肝臓がんは原発性のものと、転移性のものに分けれられます。治療方法は手術が主流でしたが、今ではがん細胞を焼灼したり、血流を止めて細胞を死滅させたりする方法も採られています。特に原発性は肝炎や肝硬変が原因ということもあるので、これらの病気をきちんと治療しましょう。もちろん食事やお酒にも気をつけて下さい。

もっと読む